18世紀医学関係文献を読むための人名データ

 

以下のデータは18世紀の医学書、ティソとビヤンヴィルの著作を翻訳するときに、現れた主要な人名について記録したものである。こうした文献に現れる人名は後の19世紀、20世紀で言及される人物たちとは異なり、当時の著名な医師たちであり、調べても19世紀ラルース辞典やミショーの人名辞典等にも記載がない場合がかなりあった。インターネットによる検索に大いに助けられることとなった。特に、

Bibliothèque interuniversitaire de Médecine

http://www.bium.univ-paris5.fr/histmed/medica.htm

は有益な情報を提供してくれることが多かった。

 

 

人名

アイスクラピウス

Esculape

ギリシャ・ローマ神話の医神。

 

アウレリアヌス、カエリウス

Aurelianus, Caelius

5世紀ローマの医師で文人。ソラヌスの著作の翻訳などでも知られる。

 

アエティウス

Aetius Amidenus

6世紀のビザンチン帝国の医学者。

 

アクチュアリウス(ザカリアス)、ヨアネス

Joannes Actuarius

1250年~?)東ローマ帝国の医師。アクチュアリウスは功績により医師に与えられる称号。

 

アストリュック、ジャン

Jean Astruc

16841766。フランスの医学者、聖書学者。

 

アルクメオン

Alcmaeon

紀元前500年頃、シチリアで活躍。

 

アルノー(ヴィルヌーヴの)

Arnaud de Ville neuve

1240/12501312.学識のある医学者で、天文学と錬金術にも詳しく、教会側との衝突もあった。蒸留酒の生みの親とも言われる。

 

アルビヌス、ベルンハルト・ジークフリート

Bernhard Siegfried Albinus

16971770。ドイツの医学者・解剖学者。ライデン大学教授。銅版画による精緻な人体解剖図集は今日なお評価が高い。

 

アレクサンドル・ド・トラール

Alexandre de Tralles

525年頃-605年頃)、東ローマ帝国の名医。病理学方面で大きな功績を残した。

 

アレタイオス(アレテ)

Arétée

1-2世紀。カッパドキア生まれの古代ギリシアの著名な医学者。ヒッポクラテスに匹敵する観察力を持つ。

 

アンリ・ド・エール

Henri van Heers

1570-1636

 

ヴァン・スウィーテン

スウィーテンを見よ。

 

ヴァンデルモンド、シャルル=オギュスタン

Charles Auguste Vandermonde

17271762。衛生学、優生学の理論家。医学誌創刊期の草分けの一人。

 

ウィントリンガム、クリフトン

Clifton Wintringham

1710-1794。ロンドンの医学者。

 

ウェスプレミ、イシュトヴァン

Weszprémi István

1723-1799。ハンガリーの医学者、医学史家。

 

ヴェーバー、クリストフ

Weber

17341787、ヴァルスローデ(ドイツ、ニーダーザクセン州の小都市)の医学者。

 

ヴェブファー、ゲオルク・ミヒャエル

Georg Michael Wepfer

16921774。祖父ヨハン・ヤコブ(1620-1695)も病理学者、薬理学者として名高い。

 

ヴネット、ニコラ

Nicolas Venette

1633-1698.

フランス、ラ・ロッシェルの医学者で、性科学研究、尿結石症研究の草分けである。

 

エトミュラー、ミヒェル

Michael Ettmuller

16441683。ドイツの有名な医学者。ライプツィヒ大学教授。その名声は死後なお高く、著作集が刊行されて独・英・仏語にも翻訳された。

 

カエリウス

アウレリアヌスをみよ

 

カピヴァッチオ、ジローラモ

Girolamo Capivaccio

15231589。パドヴァ出身の医学者。

 

ガレノス

Galien

131201ギリシアの医学者・解剖学者。医学の基礎を築く。

 

 

ギルクリスト

Gilchrist

スコットランドの著名な医師。病気の時の水泳の効果を説く。

 

クラネン、テオドール

?~168817世紀のデカルト派の医学者。

 

グラール、トマ

Thomas Goulard

16971784。フランスの医学者。1749年に王国実験教授となる。鉛を用いた治療法でも知られる。

 

クリュソストモス、ヨハネス

Johannes Chrysostomus

4世紀の聖職者、神学者、説教者。名説教で知られる。

 

ゴビウス、ヒエロニムス・ダヴィッド

Hieronymus David Gaubius

1705-1780。ハイデルブルク生まれの医学者、ブールハーフェなどに師事する。ライデン大学で教鞭を執る。

 

ケルスス、アウルス・コルネリウス

Aulus Cornelius Celsus

2937。アウグストゥス帝時代の著名な医師。「ラテンのヒッポクラテス」とも呼ばれる。

 

ケンプ、ヴィルヘルム・ルートヴィヒ

Wilhelm Lutwich Koempf

生没年不詳。ドイツの医学者。父ヨハン(1726-1787)は臨床家・理論家として名高い。

 

ゴルテル

Jan de Gorter

16881762、オランダの医師。ブールハーフェの教えを受ける。

 

サルミュト、ゲオルゲ

George Salmuth

15541604。ドイツの医師、モンペリエ医学部で学ぶ。

 

サモニクス、Q・セレヌス

Q. Serenus Samonicus

後三世紀のローマの医者。

 

サンクトリアス

Sanctorius

15611636。イタリアの病理学者。代謝の研究への道を開いた。

 

シデナム、トマス

Thomas Sydenham

16241689。イギリスの内科医。「イギリスのヒポクラテス」と呼ばれる。

 

シェノー、ニコラ

16011680。フランスの医学者。

 

シュテーヘリン、ヨハネス・ルドルフ

Stehelin

(?―?)バーゼル大学医学部教授

 

ジョンストン、ジョン

John Jonston

16031675。ポーランドの医学者、スコットランド系貴族の血を引く家系に属す。

 

スウィーテン、ゲラルド・ファン

Gerard van Swieten

1700-1772。ライデン生まれの医師、ブールハーフェの教えを受ける。オーストリアの女帝マリア・テレジアの主席侍医となる。

 

ストルク、アントワーヌ

ウィーンの医師。薬草を用いた治療法を行う。

 

セナック、ジャン=バチスト

Jean-Baptiste Senac

16931710。フランスの医学者で化学者。心臓学の先駆者と言われる。

 

ゼンネルト、ダニエル

Daniel Sennert

1572-1637。ドイツの医師。ヴィッテンベルク大学教授。医学における化学の重要性を説く。

 

ソヴァージュ、ボワシエ・ド

François Boissier de Sauvage

17061767。ラテン語の著作もあるフランスの医学者、博物学者、植物学者。モンペリエ大学を拠点に国際的名声を博す。友人でもあったリンネにならった疾病分類学の創始者として名高い。

 

ツィンメルマン、ヨハン・ゲオルグ・フォン

Zimmermann, Johann Georg von

1728-1795.スイスの医学者。ティソと長年にわたる親交があり、医学研究における実験の重要性を説いた。

 

ティエリ、フランソワ

Thiéry François

17191792?。フランスの医学者。

 

ディオゲネス

Diogenes

410頃-前323頃。ギリシアの哲学者。

 

ティソ 、サミュエル=オーギュスト

Samuel-Auguste Tissot

17281797。スイスの医学者。種痘の必要性をはじめとして、健康への啓蒙活動につとめるとともに、『オナニスム』により大きな反響を巻き起こす。

 

ディディエ、フランソワ=ミシェル

17081781

 

デモクリトス

Democritus

460―前37。古代ギリシアの哲学者。原子論を中心とする唯物論で知られる。

 

テュルプ、ニコラス

Nicolaes Tulp

15931674。オランダの外科医であり、アムステルダム市の市長にもなった。レンブラントの作品、『テュルプ博士の解剖学講義』にも描かれている。

 

トラール

アレクサンドル・ド・トラールの項参照。

 

ド・ソヴァージュ

→ソヴァージュ参照

 

ドラエウス、ヨハネス・ダニエル

Johanes Daniel Dolaeus

16151707。ドイツの高名な医師。フランス旧家を祖先に持つ。

 

ド・ラ・メトリ

→ラ・メトリ参照

 

トラレス、バルタザル・ルートヴィヒ

 

17071797。現ポーランド、ヴロツワフ出身のドイツの医学者。その主著『医薬としての阿片の善用と悪用』全四巻は1757年から1762年にかけて刊行。

 

パイヴァ、ロドリグ・ド

Rodorigues de Payva

ポルトガルの医学者。1751年に心気症に関する著書を出している。

 

バートリン、トーマス

16161680。コペンハーゲン生まれのデンマークの著名な医師。

 

ハラー、アルブレヒト・フォン、

Albrecht von Haller

17081777。スイスの医学者、解剖学者。詩人としても知られる

 

ハンター、ウィリアム

William Hunter

17181783。スコットランドの医学者、解剖学者。

 

ハンター、ジョン

John Hunter

17281793。スコットランドの医学者。外科学を病理学、生理学と結びつけようとした。

 

ヒエロニムス

Hieronymus

347頃-419/420。初期キリスト教の教父、聖書の標準ラテン語訳を完成する。

 

ヒポクラテス

Hippocrates

460頃-375頃。ギリシアの医師。科学的医学の祖。原始的な医学から迷信を切り離す。

 

ビヤンヴィル

J.D.T. Bienville

18世紀の医学者で、『インフォマニア』の作者であるが、その経歴については、ほとんど知られていない。

 

ファブリス、ヒルデンの

Fabrice de Hilden

1560-1634。ドイツ中西部の都市ヒルデンで生まれたために、このように呼ばれる。ドイツ名はヴィルヘルム・フォン・ヒルデン。外科学の隆盛に貢献し、特に解剖学の重要性を説いた。

 

 

フェルネル、ジャン

Jean Fernel

1497-1558。北フランスのアミアン出身の医師、臨床家として名声を博すとともに、その著作により当時の医学に大きな影響を与える。

 

フォレスト、ピーター・フォン

15211597。オランダの医学者。

 

フォンセカ、ロドリゴ・ダ

?―642

 

プジャティ、ジゼッペ・アントニオ

1701-1760。イタリアの医学者。パドヴァ大学教授。

 

プラトゥス

(前254頃-前184)古代ローマの喜劇作者。

 

プラテルス、フェリックス

Felix Platerus

15361614。バーセル出身の医師。モンペリエで医学を学ぶ。

 

ブランカールト、ステーウェン

Steven Blankaart

16501704。オランダの医学者。解剖学の業績に優れている。

 

プリニウス

Plinius

2324)-79。古代ローマの博物学者。

 

ブールハーフェ、ヘルマン 

Hermann Boerhaave 

1668-1738。オランダの医学者。臨床家として優れ、血液検査の奨励など、新しい精密医学の方法を取り入れた。

 

フレミング、マルカム

 

—1764

 

 

ベナール、エドワード

 

1641-1719。医師。ライデン大学で学ぶ。冷水浴の効用を説く。

 

ペルシウス

Persius

34-62。ローマの風刺詩人。風刺詩において富よりも徳を勧めた。

 

ホフマン、フリードリッヒ

Friedrich Hoffmann

1660-1742。ドイツ、ハレ大学教授。プロイセン王侍医を歴任、国際的に有名な医学者。優れた効果を持つ鎮痛剤の製造にも貢献した。

 

ポルフュリオス

232/233305頃。古代ギリシアの新プラトン主義者でプロティノスの弟子。

 

ボレリ、ジョヴァンニ=アルフォンソ

1609-1679。ナポリ出身のイタリアの医師。数学者でもあった。生物力学の創始者とみなされている。

 

マキシミアヌス

5世紀末のラテン詩人。

 

マルテイアリス

Martialis

40年頃-102年頃。ヒスパニア(イベリア半島)出身のラテン語詩人。

 

マンジョ、アントワーヌ

Antoine Menjot

16151696。モンペリエで医学を学んだ後、王の侍医となる。

 

ミーク、アヒレス

Achilles Mieg

1731-1799。バーセル大学の医学部の講座を22年間担当し、数々の著作で知られる。

 

 

ミュイ

Wyer-Guillaume Muys

16821744。オランダの医師、治療に数々の成果をあげた。

 

ミュレプソス、ニコラウス

Nicolaus Myrepsus

1280年頃没。アレクサンドリア生まれの東ローマの宮廷医師。

 

モルガーニ、ジャヴァンニ=バチスタ

Jean-Baptiste Morgani

1682-1771。18世紀最大の医師の一人、イタリア、パドヴァ大学教授。病理解剖学の創始者と目される。

 

ラスト、ジャン=バプティスト=アントワーヌ

Jean-Baptiste-Antoine Rast

17321810。モンペリエ大学で医学を修めた、リヨンの著名な医学者。彼の父もリヨンで医師であった。

 

ラゼス

Rhazès

860923。ペルシャ出身の医者・哲学者。

 

ラ・メトリ、ジュリアン・オフレ・ド

Julien Offray de La Mettrie

17091751。フランスの医師であり思想家。

 

ランゲ、ヨハン 

1485-1565。プファルツ選帝侯侍医長を務めたドイツの医学者。ラテン名、ランギウス。

リシャール

フランソワ=マリ=クロード・リシャール・ド・オートシエルク(17121789)。フラスの陸軍病院監察官を務め、各地の陸軍病院に勤務する医師たちの臨床報告を集めた著作を編んだ。

リスター、マーティン

Martin Lister

16381712。イギリスの医学者。

 

リュトー、ジョゼフ

Joseph Lieutaud

17031780。フランスの著名な医者。1707年に国王侍医となる。

 

ルクレティウス

Lucretius

B.C.99-B.C.55,ローマ共和政末期の詩人・哲学者。

 

ル-ドヴィヒ、ヨハン

Johan Ludwig

16681703。ドイツの医師。

 

レギウス、ヘンリクス

Henricus Regius

1598-1678。オランダの医学者。ユトレヒト大学教授。

 

ロブ・テオフィルス

Theophilus Lobb

1678-1763.英国の医師。食餌療法の著作で知られている。

 

ロンミウス

Lommius

16世紀の優れた医学者。フェルネルの弟子。オランダ名ヨセ・ファン・ロム

Josse van Lom)。