ドイツ語への招待

ドイツ語を学んでみませんか?

 

Q: ドイツ語ってどんな言葉ですか?

A:ドイツ語は、英語、オランダ語と共に、西ゲルマン語に属しています。英語とは兄弟の関係なので、 英語の知識が活用できますし、ドイツ語を学ぶことで英語に関する理解も深まります。ドイツ語はドイツ、オーストリア、スイス、リヒテンシュタイン、ルクセンブルクの公用語で、約1.2億の人々が母語としています。東欧諸国も含めて、ヨーロッパでは、むしろ英語よりもよく通じます。また、EUでのドイツの政治的・経済的地位を考えれば、ドイツ語はこれからますます重要になってくるでしょう。


Q: ドイツ語を学習するとどんなメリットがあるのですか?

A:文系はもちろん、理系でもドイツ語の文献が必要になることは少なくありませんし、卒業後は使える外国語の数が多ければ、それだけチャンスも選択肢も広がります。ドイツ語圏に限らず、ヨーロッパに行くなら、仕事でも観光でもドイツ語ができた方が圧倒的に有利ですし、単なる観光ではなく、ドイツ語圏の文化に触れるためにはドイツ語が不可欠と言えるでしょう。ドイツ・インターンシップ研修に参加すれば、九大在学中にドイツで実際にドイツ語を使う体験もできます。九大とミュンヘン大学との交流協定でドイツへ留学することもできますが、この場合も前提となるのはドイツ語です。


Q: ドイツ・インターンシップ研修って何ですか?

A:ドイツ語担当のカスヤン先生が企画され、毎年3月に行なわれている1ケ月の研修旅行です。ホームステイしながら、最初の1週間は午前中に集中ドイツ語授業、午後は街での研修。残りの3週間は、学校や幼稚園、福祉施設、パン屋やケーキ屋、畜産業等でドイツ語を使ってインターンシップをします。たくさんの先輩がこのインターンシップ研修に参加し、授業で学んだドイツ語を現地で役立ててきました。帰国後さらにドイツ語の勉強を続けてドイツへ留学した先輩もいます。説明書は4月上旬から配布されます。


Q: 具体的にどのくらいの力がつくのか教えて下さい。

A:ドイツ語 I・II(1年次)を終了すると、ドイツ語の構造を理解し、基礎的な文章を読んだり、簡単なドイツ語を使って意思の疎通ができるようになり、ドイツ語検定の4級に合格できる力がつきます。ドイツ・インターンシップ研修にも参加できます。
 ドイツ語 III(2年前期)を終了すると、一通りの文法知識を習得し、日常生活で必要なドイツ語を聞き、話し、読み、書くことができるようになり、ドイツ語検定の3級レベルの力がつきます。

箱崎キャンパスで「言語文化自由選択科目」として開講されている授業を受講すれば、ドイツ語検定の2級以上を受験したり、専門書を読んだり、ドイツへの留学も可能です。


最後にビデオを2つ見て下さい。

 1つ目のビデオは九大でドイツ語を担当しているZeilhofer(ツァイルホーファー)先生による「ドイツ語を勉強するメリット」です。


2つ目は昨年九大でドイツ語を学んだ現2年生が作ったビデオです。みなさんの先輩の生の声を聞いてみて下さい。

さあ、あなたもドイツ語を学んでみませんか?